TOP   巫女姫物語INDEX

 
 

巫女姫物語

― 第1部 ―

 
 


 
 
 (七)
 
 
 


 小夜、小夜と呼ぶ声がして、はたと我に返った。お滝場から境内へ向かう途中だった。声は、頭上からする。位置や声、呼び方からして、おそらく佐助だろう。
「佐助か。何用だ。」
サッと目の前に佐助がおりてきた。
「珍しいな。ぼんやりして。」
「私がぼんやししてはいけないのか?」
「いや、そういうわけではないが…。」
「私でもぼんやりする時はある。何の用だ。」
「お館様からの伝言なのだ。ここでは…。」
「重要な話なのか?」
「内密の話なのだ。」
「わかった。中で聞こう。」
小夜が仮殿に向かって歩くのに、佐助も続いた。
「久方振りに現れたと思ったら、突然お館様のご伝言か。――楓はどうした。」
「久方振りでもない。三日ぶりだ。楓は今日長老の使いで出ている。」
「三日…? そうか。翁殿はお元気か?」
「相変わらずだ。」
「それは何より。」
仮殿の石段の前へと到着すると、ゆるゆると上り、社殿の扉を開けた。佐助を中へと促し、扉を閉めると、灯りをつけた。
「伝言とは何だ。」
自ら腰を下ろしながら、手で佐助にも座すことを進めた。
「折りいった話だ。おぬし、高野というところに、諏訪神社というのがある、知っているか?」
「先代巫女姫からきいたことはある。皇族の祖先神の一人を祀る神社だ。」
「そうだ。そこの神社をこのたび、お館様が建て直された。高野は五年前の戦の折、手に入れられた領地なのだが、その戦の折に神主が逃げて、今主がおらぬ。」
「それで?」
「お前に社主になってもらえぬかという話なのだ。」
「私に?」
「そうだ。」
佐助は小夜の様子を見ながら話を続ける。
「先の戦の折、逃れてきた敵将が、大木村に逃げ込んだ。国境い近くにいてはまたその様なことがあるやも知れぬ。巫女姫殿の身を案じて、是非にとのことだ。」
「小坂靭実のことか。」
「だろうな。」
佐助の返事に、小夜は見るともなく床に視線を落とした。万が一、敵に巫女姫の存在が知れて、争いの種になっても困る。それを見越しての配慮だろう。
「せっかくだが―――。」
「そうか。」
「大木村は先祖伝来の地。戦だからとて簡単には動けぬ。それに、この巫女姫、我が身ぐらい自分で護れるわ。」
「わかった。」
佐助は立ち上がった。
「稲賀殿にご厚情感謝すると伝えてくれ。」
「承知した。」
そういって、佐助は扉を開けた。小夜も立ち上がる。
「楓に、また遊びに来いと伝えてくれ。」
「楓は修行中の身。お前の遊び相手ではないぞ。」
「あれがおると、心が和むのだ。」
佐助は驚いた様に小夜を振り返った。
「あれは私の前でも裏表がないからな。」
それを言う小夜の表情は相変わらずであったけれども、佐助は改めて小夜をみつめた。
 すると、佐助の開けた扉の外をじっと見ていた小夜が、境内の向こうからやってくる人影に気付いた。
「信乃。」
佐助は振り返った。
「では、俺はこれで。」
「ああ、ご苦労であった。」
佐助の姿が視界から消えると、信乃が境内を走ってきた。仮殿の石段の前まで来ると、
「佐助が来ていたのですか。」
と尋ねた。
「ああ。」
「何用で?」
「たいした用ではない。何だ。」
信乃はキョロキョロと回りを見回すと、石段を上って、小夜の近くまで寄ってきた。
「姉さま、慈五郎を知りませぬか。」
「慈五郎がどうかしたのか。」
「昨日から姿が見えませぬので、姉さまのお使いかとも思ったのですが…。」
「私は使いなど頼んでいない。」
「ええ。それで、今朝も訪ねてくる気配がないので、風邪でもひいたのかと思い、家に行ってみたのですけれど…。」
「いないのか。」
「家は妻子共にもぬけの殻でございました。隣の者に尋ねてみますと、昨日からいる気配がないと。」
「そのこと、長老には?」
「まだ何も――。」
小夜は口に手をあてて、思いをめぐらせた。
 慈五郎は他村の出身である。幼い頃、親が偶然、この村で巫女姫の秘密を知ってしまった。伝え聞いただけの者なら、物忘れの術をかけてそれですますが、慈五郎親子は直接その力を見、聞いてしまったので、村人とされてしまったのだ。巫女姫に忠誠を誓わせ、脱出を試みないために、多くは一族に仕えさせる例が多く、慈五郎の一家もそれに習った。しかし故郷から断絶させられるからといっても、大木村は他村より豊かであったから、脱出を考える者など全くと言っていい程ない。しかも慈五郎がこの村に来たのは、物心つく前であったし、両親も既になく、妻は村の女である。どうしても、逃げ出したとも思えない。
「わかった。長老には私から言っておく。他に言いまわらないように。しばらく、様子を見る。」
「はい。」
信乃は伝えることだけ伝えると、頭を下げて石段を下りて行った。
「信乃。」
ふと小夜が呼びかけた。石段の途中で、信乃が振り返る。
「はい。」
しかし小夜は苦笑して、首を振った。
「――いや、何でもない。すまぬ、行ってくれ。」
言って、小夜は仮殿の扉を閉めた。
 信乃はしばらく閉ざされた扉をみつめていたが、小夜に、別に特にこれといったおかしな様子は見られない。振り返ると、信乃はまた、あわただしく階段を下りて行った。


 高階では負け戦の後にも関わらず、その夜、お館では、雪見の宴だとて、重臣たちが集められ、酒宴が開かれていた。中でも高階隆明は上機嫌で、
「何、数年前から始まったこの戦、勝っては負け、負けては勝ち、気にすることはない。」
と豪語した。
  最初のうちは、互いがふるまわれた美酒にみな酔い興じていたが、やがて隆明が何か思いついた様子で、扇子で膝を打った。
「今宵は雪見の宴。せっかくの宴じゃ。興を添えるために、わしが一つ話をしよう。」
「はは、興を添えるために、でございますか。」
「それは、何の話でございますかな。」
と皆がはやし立てたが、隆明は特にふざける風でもなく、しんみりとした口調で、
「ある所に伝わる話よ。」
「ある所とは?」
「わが敵、稲賀政秋の領地じゃ。我が領地と稲賀の領地の国境い近くにある、小さな村よ。名を大木村という。」
靭実はギクリとした。
「峠に近い村なのだが、その峠、よほどのことがない限り、旅人がそこを通ることはない。それだけ道が険しいのだ。また、道に迷えば山に分け入り、獣に襲われ、中には生きて戻らぬものもあったそうだ。」
皆がホウッと声をあげて聞き入った。
「そのような峠を越えるものは、大方罪人かかけおち者か…。旅人はその超え難き道を行く前に、必ず、四半時ばかり休息をとっていくのだ。後ろから、追っ手がやってくるかも知れぬと思いながらもな。」
「なぜ、わざわざ休息をとって行くのでございますか。後ろから追っ手がやって来るかもしれぬのに。」
「そこよ!」
隆明が膝をたたいた。
「そこに、大木村の名の由来があるのだ。大木村は大きい木の村と書く。その昔、天にも届くかと思われる程の大樹があったのだ。高齢になりて、ある日、大風で倒れ、今はないそうだが、その昔、大人が十人おってもとても囲みきれず、その頂に登らんとすれば、半日はかかると思われるほどの、桜の樹であったそうな。」
「半日!」
「半日でございますか?」
皆がそれぞれに驚きの声をあげる。靭実ばかりが緊張していた。
「その大樹、枝ぶりも見事で、春は花、夏は緑、秋は紅葉、冬は雪景色と楽しませてくれたそうだ。峠に向かう者たちにも自然とその木が目に入り、心急く旅人たちも思わずその荘厳さ、美しさにひかれ、ついつい足を運び、その下にてしばし足をとどめて木を見上げ、心を休めたそうだ。だから、大木村は、大きい木の村と書くだけでなく、木を仰ぐと書いて仰木村とも書くそうだ。」
酒に酔った皆が、おおっと感嘆の声をもらした。
「私もその木、見とうござりましたな。」
「今はもうないとか。」
「いやいや、なかなかよいお話を。」
皆がそれぞれに口をそろえて言った。うつむいて、何の反応も示さないのは、靭実だけであった。隆明は横目で靭実をチラリと見やると、ぐいと酒をあおった。
「ついでに、その大木村には女神山という山があるそうだ。桜の木の精霊は男。かの昔、その大樹の華麗な姿に見惚れた天女が、その木に恋をしたのだ。二人は愛し合い、しかし天女の父に許されず、無理矢理引き離されたそうな。その女は恋心ゆえに泣き続け、病に落ち死んでしもうた。それが、女神山の神社に祀られてあるそうだ。」
「人の世にもありそうな話でございますな。」
「ふむ。それで、わしはな、失われた大樹など、どうでもよい、それより、世にも麗しかったという、天女の方を見てみたかったわ。」
 皆が声をそろえてどっと笑う。しかし、靭実の手には震えが起こった。体が強張るのを感じる。
「これは、これは、お館さま、美しい大樹よりも、天女の方をご所望ですか。これはこれは…。」
重臣の一人が言いながら首を振る。酒のせいでなかなか笑いがおさまらない。
「しかしその天女、美しいだけでなく、気を操り、未来を読み、傷を癒すという――。」
 靭実はふいに我を忘れた。思わず隆明を盗み見る。隆明は、意味ありげな視線を彼に送り返した。
 ご存知なのか―――?
「その天女、現におりますれば、戦の役に立ちましょうな。」
「ただの伝説よ。」
 そういって、隆明はまた酒をあおった。
 その話はそれで終わったという様に皆がガヤガヤと入り乱れ、大いに酔った。
 一人、酔えなかったのは、靭実である。
 進められる杯を干しはしたものの、一向に酔えなかった。
 ちらほらと重臣達が姿を消して行っても、靭実は一人、ちびちびと端の方で酒を飲んでいた。と、先ほどまでいらしたお館様の姿が見えない。もうお静まりであろうかと考えていると、小姓が靭実の所へやって来て、お館様がお呼びとの意を告げた。靭実はキリリと姿を正し、立ち上がると、小姓について廊下を歩いた。小姓はある部屋の前まで導くと、立ち止まり、「ここにてお待ちください。」と告げて行ってしまった。
 靭実は戸を開けた。部屋は灯りが一つ中ほどにあるだけで薄暗い。中に入り、後ろ手に戸を閉めると、横からぬっと何か伸びてきて、靭実の首元に突きつける。靭実は後ろに下がりつつあごをひき、最初は刀かと思ったが、ただの扇子らしいので、横目で相手を見ると、それは高階隆明だった。
「酔っておるか。」
「いえ。」
「もしこれが真剣なればいかがした。」
隆明はバッと扇子をひいた。そして、扇子で自分の肩を叩きながら、部屋の中程まで歩を進めた。靭実はそのままそこに沈まりあぐらをかいてかしこまった。
「お呼びとうかがいましたので。」
「うん。」
隆明は振り向いた。
「そこでは話にならぬ。ここへ来い。」
「は!」
靭実は部屋の中程まで行き、隆明の前でもう一度かしこまった。
「話というのは他でもない。先ほど話した大木村の女神のことだ。」
隆明は靭実の前に歩み寄った。靭実は息を飲む。
「あの、伝説のことでございますか。」
「伝説ではない。気を操り、未来を読むという、巫女姫のことだ。」
 ご存知なのだ。
 靭実は、心の中で焦りを覚えた。
 どうして知れたのか。
 己の心の中を、記憶を探ってみる。額に汗がにじむ。
「小夜というのだそうだな。年は十九。」
上から隆明の声が降ってくる。靭実の表情は、隆明には見えない。
 この焦りを、悟られてはならないのだ。
「おぬし、知っておろう。」
靭実は体にぐっと力を込めた。
「何がでございましょう。」
隆明はかがみ込んで、靭実の顔を覗き込んだ。閉じた扇子をピシリとうつむいた靭実の頬にあてた。顔の線にそわせて、顎の下にいれ、それで靭実の顔を上向かせた。
「わしに隠し立てする気か?」
バシッと靭実の顔を、扇子で横様に殴った。靭実が斜めによろける。そして隆明が、その横腹を蹴ると、靭実は床に向かって倒れた。倒れた靭実の前襟をつかんで表を向かせると、「お許しを」といって、靭実は逃げ腰になってもがいた。すると隆明は、直垂の襟をつかんで、靭実の耳元に顔を近づけた。
「何故あらがう。大木村で、昔の女にでもおうて来たのか?」
低い声でささやいた。靭実の動きがピタリと止まる。隆明は鼻で笑うと、胸紐を解いて荒々しく直垂を取り、小袖をむいて、靭実の左肩を出し、うつむかせた。
 ポンと肩の辺りを軽く扇子で叩く。
「これが、わしを逃がす時に負うた傷。」
そして、靭実の肩に顔を寄せ、舌を出し、傷にそって下からゆるりとなめ上げた。
 靭実は必死でこらえている。
 隆明は肩の傷をなめ終えると、顔を離し、今度は小袖を腰まで下げた。
「なるほど。」
右手と右足で靭実を抑えつけ、隆明は左手を伸ばして灯りを寄せる。
「ここにも傷が三筋。昔そなたに尋ねた時は、獣傷だと答えた。しかし一昨日、お前を診た医師に尋ねたら、この様な傷が、ここまで美しくなるのはおかしいと言いよった。しかし、もっとおかしいことがある。それは、この肩にある太刀傷が、十日ばかりでここまで癒えるはずはないと…。とても、人の技とは思えぬらしい。」
 隆明は抑えつけていた手と足を離した。
「わしはな、靭実、お前が戻った日、おかしいと思うたのよ。あの超え難き峠を何故馬で越えて逃れ、そしてまた帰ってこれたのかと。しかも深手の太刀傷を負うておったはずなのにだ。答えは簡単だ。傷は何者かに手当てされた。そして道も、初めての者なら分からぬが、地元の者なら皆知っておる道があるそうだ。そこを通れば馬でも越えられる。大木村から白石山を少し登り、それから小川にそっており、国境いを越えて行く。おぬしはその道を知っていた。何故知っていたのか。それはおぬしが、あの村にいて、その道を越えてきたことがあるからだ。お前はあの巫女姫に、二度までも命を救われたのだ。」
 そこで隆明が言葉をとめて、靭実の顔を覗き込むようにすると、靭実は座したままうつむいた姿勢で、声を絞り出すようにして答えた。
「何をおっしゃっておられるのか…。」
「まだシラを切るか!」
隆明は一喝した。
「何故そんなにしてまでその女をかばう! わしを偽りきれると思うておるのか、このばか者め!」
 靭実は隆明の気迫に圧され後ろにしりぞいた。
 相手をかみ殺さんばかりの気迫だ。
 隆明は靭実から視線を外した。
「服を着よ。」
 靭実が隆明にむかれた服を着る。
 居住まいを正した。
「明朝、お前に五十の兵を与える。」
隆明の言葉に、思わず靭実は顔を上げた。
「わしはな、お前がかわいいのよ。」
隆明は愁いを含んだまなざしで、靭実をじっとみつめた。
「だから、こんなつまらぬことで手放したくはないのだ。」
 靭実はゆっくりと、隆明の顔を見上げた。
 隆明の意図がくみとれない。
「明日、大木村へ向かい、巫女姫小夜をわが元に連れてまいれ。」
「お館さま、それは――!」
靭実は思わず目を見開いて叫んだ。
「それは、稲賀の領地に兵を出すことに等しく、そのようなことになれば、稲賀は黙っておりますまい。戦になりまする!」
靭実が必死で訴えるのを一瞥して、隆明はふっと笑った。
「たとえ戦を起こしても、欲しい姫よのう。」
靭実は隆明の言葉に愕然とした。隆明はそれだけ本気なのだ。
「手に入れて、どうなさるのです。」
「気を操り、未来をよみ、人の傷まで治すという。その力があれば、どんな戦でも勝てよう。天下をも取れよう。何故稲賀が放ってあるのかは知らぬが、他の武将たちに奪われる前に、手に入れねばならぬ。」
「お言葉ですがお館さま。」
取り乱した様子も消え、靭実はきっと構えて隆明を見た。
「一武人が女の手を借りて戦に勝ったなどと知れたら、天下の者は何と申しましょう。まして、人の力を超えた者の…。」
「そう、人の力を超えた者だ。靭実、わしは何も巫女姫を戦の先頭に立たせて戦わせるわけではない。姫の不思議な力を借りるのよ。巫女の力を借りるなどというのは大昔からあること。たとえ、今の世においてそれを何と言われようと、気も未来も本来は目に見えぬもの。目に見えぬものをどうして人が分かりえようか。そういうものを信じぬというのが、今の世の人というものではないか。」
「は…」
「ただ戦女神の巫女姫を手に入れる。それだけなのだ。あるかなきかの力なぞ、誰にも見えぬ。よって誰にも、責められぬ。」
 靭実は苦渋の色を顔に浮かべてうなだれた。隆明はそれを気にもとめない様子だ。
「大木村の結束はすばらしい。巫女姫が言うことを聞かぬなら、村人たちを盾にとってでも言うことを聞かせろ。」
 もう、お館さまの心を動かすことは出来ないのだ。
 靭実の手が震える。どこにも行き場のない思いが、体の中に満ち溢れていた。小夜を捕らえねばならぬ。自分の命を二度まで救って、あんなに好きになった女を、戦の道具にするために――。
 しかし、靭実には、この隆明を裏切ることは、それ以上に出来ないことなのだ。それは、隆明に対する忠誠と、共に戦った仲間を捨てることになる。そして何よりも、我が身のかわいさ――。
 靭実はためされているのだ。どちらを取るかと。
「承知いたしました。」
 彼は決断した。隆明は靭実の言葉に低く「うむ。」とだけうなずいた。
「では明朝、出立せよ。」
「お待ちください!」
行こうとする隆明を呼び止める。
「何故、何故お館様は、大木村の巫女姫のことをお知りになったのです。」
振り返った隆明は、靭実に意味あり気な視線をくれた。
「――お前が、国に帰って変な里心を出したのではないかと案じたのだ。いくら親兄弟を殺されたとて、知人の一人や二人はいよう。お前の帰り来た日、手の者に調べに行かせた。馬と帰り来た方角をてがかりにな。そしてすぐ大木村に行き当たったのだ。しかし馬の主に尋ねても、知っておるようなのに、何故か知らぬという。手の者は不審に思い、その村の者をここまで連れてきて吐かせたのだ。」
 何故、超え難き峠を負傷して、馬に乗ったまま越え得たのか。隆明のこの疑問が、靭実に対する疑惑となった。疑いを抱いたのは、隆明だけではない。他の重臣たちもそうだった。そして、疑いの晴れた後も、靭実の心の程は知り得なかった。今度のことは、靭実の心を知るという腹づもりもあったのだ。
「そうだ、お前、慈五郎という男を知っているか?」
「慈五郎?」
「昨日、大木村から連れて来た親子の父親なのだ。これがどんなに責めてもなかなか吐かぬ。最後には子供を盾にその母親を責めたら、ようやく吐きおったわ。お前のことも、巫女姫のこともすべてな。」
「――その親子は今…」
「父親は今朝方、舌を噛み切って死んでおったそうな。たかが小娘一人に、見事な忠誠心よのぉ。おお、そうじゃ、残った母子も連れて行くがよい。何か役に立つかもしれんでな。」
 隆明はそう言い放った。
 靭実はうつむいた。拳に力がこもって震えている。
 隆明はそんな靭実を尻目に、部屋の入り口まで歩いた。
「では頼むぞ。」
それだけ言い残して、出て行った。
 靭実は、隆明の出て行った板戸をじっとみつめた。ろうそくの灯火しかない暗い部屋の中で、板戸の色はいっそう黒くみえる。
 わかっていたはずではないか。
 靭実は心の中でつぶやいた。
 今の世にあっては、なまやさしいことなど言ってはいられない。食わなければ、食われるだけなのだ。非情にならなければ、渡ってはいけぬ。
 わかっていたはずではないか。
 でも―――。
 靭実はダンと拳で床をたたいた。行き場のない思いが、胸の中で交錯する。
 暗い暗い部屋の中、床をたたいた拳の音は、ただただむなしく響くだけだった。


  TOP   巫女姫物語INDEX