Home
 

 
短 編 集

※ 作品の新しいものから上です。

 

作   品

発表(執筆)年月

案   内

Sketch

2001年12月〜

10枚前後のショートショート集。
味見程度に。

黒髪

2003年5月11日執筆

 実在の伝説を元に書き下ろした、話の筋を意識せずに作った短編。
 「ゆきひめ」「水月」と同時期にプロットが完成していながらお蔵入りになっていたが、作品に仕上げた。

愛の破片(2)
―アイノカケラ― 

2007年5月3〜12日執筆
2007年5月13日公開

下に公開している作品の続編短編小説。この後もストーリーはできているが、続きをいつ執筆し、公開するかは現在時点では未定。

愛の破片
―アイノカケラ― 

2000年10月30日執筆
2001年7月1日公開

長編作品を短編用に書き下ろした。脚本家の過去と作品を織り交ぜた、一種の批評小説である。2007年5月、続編の公開にともなって若干の加筆。

伸子の瞳
―伸子シリーズ―

1996年〜1999年

大阪府千早赤阪村が舞台。都会での生活に疲れた者たちがが訪れた、郊外の村で出会った少女との、不思議な交流を描く。

ゆきひめ

1996年5月執筆

実際にあった、山中の白骨死体発見の記事を元に、童話「ゆきおんな」をベース作品に用いて、サスペンスタッチに仕上げた。

家 路

1994年12月頃執筆

横光利一『街の底』に触発されて書いた作品。(1994年12年『雑文芸術1』掲載)

水 月

1994年9月執筆

奈良県五条市が舞台。月と女の業をテーマにして描いた。この作品を機に停止していた創作活動を再開する。(1995年5年『ORDER MADE』VOL.16掲載)

     

Copyright(C)1998-,Kiyora Sakihana. All rights reserved.