霧中

 
 霧の中の交通事故で母親は死亡した。少女がそれを目撃したのは九つの時だった。

 数年後、高校生田崎葉子の元に、行方不明になった妹を捜しに堀川圭吾という青年がやってきた。その青年が現れたことで葉子の精神バランスは崩れ始め、やがて彼女の記憶が失われていることがわかりはじめるのだが…

 作者堀川が15歳~17歳にかけて母校文芸部誌に連載した初めての長編小説。

※ 書誌
 1987年4月文芸部誌「ふうせん」53号~1988年11月同59号まで連載。1988年~1990年個人誌発表にあたって改稿。本掲載分は、一部文芸部誌で使用した分をのぞいては、個人誌分を採用し、わずかに訂正を施した。
 あとがきは2000年8月31日のもの。